artist-photo

「Crahs」というポップバンド

[L to R]
久保健人(ドラム) / 久保卓人(ボーカル、ギター) / 米満まりえ(サックス)

Crahs [読み:クラス、意味:暮らす]
九州・鹿児島の海沿いの町で育った3人が上京して結成。
東京を中心に活動するポップバンド。

モノづくりは、音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで。
自分たちをワクワクさせる、音楽と共に暮らす日々をDIYで作りながら活動中。

2015年4月、東京にて活動開始。
2016年12月、1st mini Album「Record City」をタワーレコードにて全国発売。
同月、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで初のホールワンマンライブを開催。
2017年12月、主催フェス「IDOBATA"landmark"2017」を初開催。
2018年10月、主催フェス「IDOBATA"landmark"2018」を初開催。
live-photo

「Crahs」のライブ

Crahs は様々な編成でライブを行います。

ライブハウスやホールでのライブの時は、メンバー3人にエレキギター、ベース、キーボード、パーカッション、コーラス隊 等のサポートメンバーを迎えた大所帯編成のフルバンド形式。
僕らにはかっこいい音楽家の仲間たちがいるんです。

カフェやギャラリーでのライブの時は、メンバー3人によるアコースティック形式。
Crahsによるアコースティックユニット「Crahs"home party acoustic"」としてパフォーマンス。
Crahsの音楽に制約はありません。どんなところでも、どんな形でも、僕らのポップミュージックをお届けします。
handmaid

「Crahs」のモノ作り

Crahsのモノ作りは音楽だけじゃないんです。
メンバーが普段使いするバッグもDIY。
すべてドラム・久保健人が布を買ってきて、切って、自分の手で0から作ります。

Crahsが作ったアパレルや雑貨は、Crahsが作ったWEBショップ 「暮人-kurasuto-」にて。
デザインフェスタやハンドメイドインジャパンフェスなどのクリエイターイベントへも毎シーズン出展しています。
kubotakuto
  • 久保卓人(くぼたくと)
  • kubotakuto-lineblog
  • kubotakuto-twitter
  • kubotakuto-lineat
  • Crahsのボーカル、ギター、作詞、作曲を担当。Crahsのリーダー。

    考え事が好き。趣味は作戦会議。
    ミュージシャン兼システムエンジニアからなる兼業音楽家。

    夢は、ミュージシャンがミュージシャンであり続けられるライフスタイルを作ること。
    ▷就職するからって、バンドを辞めなくてもいい。という常識を作りたい。
    kubotakuto
  • 米満まりえ(よねみつまりえ)
  • marie-instagram
  • marie-twitter
  • Crahsのサックスを担当。

    猫を愛してやまない。愛猫は「おじょー」。
    ライブハウス等でイベント制作、ブッキングのお仕事もしています。

    楽しい時間、楽しい空間を作るのが好き。
    kubotakuto
  • 久保健人(くぼけんと)
  • kubokento-twitter
  • Crahsのドラム、パーカッションを担当。

    自身のファッションブランドを運営。
    ハンドメイドでのグッズ製作業を立ち上げました。

    Crahsのハンドメイドグッズも全て布の買い付けから久保健人がやっています。
    talkaboutlove

    「talk about love」

    talk about love【トークアバウトラブ】はCrahsのドラマーである久保健人が手掛けるアパレルブランドです。
    着こなしを楽しむことをプロデュースする、音楽ファンの音楽ファンによる音楽ファンのためのプロジェクトです。

    「たとえば、米を炊くように。たとえば、歌を歌うように。たとえば、愛を語るように。好きな服を着ることが、当たり前の幸せでありますように。」
    ▷talk about love